FC2ブログ
--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2019/01/06

2018年の野菜(サツマイモ)

2018年の野菜作りで重大な発見がありました。
それはサツマイモの「根量の差」です。

どのような植物でもそうですが、根の量が多ければ多いほど野菜は健康に育ち、美味しく、栄養価も高くなります。
【根の量が多い= 土中のより多くの成分を吸収できる 】 からです。

そしてその根の量は栽培期間中の土の管理や水の管理、追肥や葉面散布によっても異なるのですが、サツマイモの場合、根の量が多くなる最も大きな要因は「苗」にあることがわかってきました。

以下の2枚の写真は同一圃場で、同じ施肥内容で育てたサツマイモ(紅はるか)です。

【近所の某ホームセンターで購入した苗】
PIC0002D1.jpg
悪くはないのですが、、、

一方で、、、
【有機農業の勉強会仲間の育てたサツマイモの苗】
PIC0002D6.jpg
!!!!!
驚愕の根量。。。繰り返しになりますが、「同じ畑」でこれだけの差が生じました。

一つのケースに入れて比較するとこのような状態です。
【左が勉強会仲間の育てたサツマイモ苗・右が某ホームセンターの苗】
サツマイモ比較

根の量が違うことで、サツマイモ本体の大きさにも違いが出ました。
ホームセンターで購入した苗に比べて、根の多かった農家仲間の苗のほうが、一株あたりの重さが約100~150gほど重いことがわかりました。

1株100~150gの差ということは1反に2000本定植した場合、200~300kgの差になります。
1kgを300円で販売した場合、1反で6~9万円の差が生じる計算になります。まさに「苗半作」。。。

ちなみに↓の写真は、某農協で注文した苗で育てたサツマイモです。
苗が細く見るからに頼りない苗でしたが、やはり予想通り、芋はできているのですが根は非常に少ない結果になりました。
2017092609420000 (1)

↓↓の写真は再び農家仲間の育てた苗のサツマイモ。
PIC0002D7.jpg

↓↓↓根の量が多いサツマイモはやはり味も違います。
PIC0002D8.jpg


次回の更新では、その苗の違いがどこにあるのかを、少し詳しく解説します。
スポンサーサイト
2019/01/01

2018年の野菜(ニンジン)

明けましておめでとうございます。久しぶりの更新です。

写真は2018年に収穫したニンジンの写真です。

現在、大林農園ではニンジンの他、サツマイモ、ジャガイモなど、根物野菜を中心に栽培をしています。

2019年もさらに高品質、多収穫を目指して栽培に取り組みたいと思います。

PIC0002F5.jpg

まだまだいろいろな形のニンニンが出てきますが、以前に比べ寸胴(ずんどう)型のニンジンが増えてきました。
先の尖った円錐(えんすい)型ニンジンよりも、一本あたりの重量が重くなります。

ものすごく単純な比較で例えると、、、、
円錐(えんすい)の体積 = 半径 × 半径 × 3.14 × 1/3
円柱の体積 = 半径 × 半径 × 3.14

になるので、円柱、すなわち寸胴型のニンジンは同じ長さであれば3倍の体積になります。

PIC0002F7.jpg

ニンジンの全国的な平均反収は約3.5トン/10a。
大林農園では2倍以上の7トン/10aを目指しています。

PIC0002FA.jpg

2019年もどうぞよろしくお願いいたします。
2016/04/07

のらぼう菜

のらぼう菜

久々のブログ更新です。
2016年より、【のらぼう菜】を栽培しています。

【のらぼう菜】は江戸時代のころから関東で栽培されてきたアブラナ科の野菜です。
春になって伸びてくる花芽を摘んで食べる「菜ばな」の一種です。

苦味もなく、ほんのりとした甘みと旨みがあります。
食感もやわらかく、茎の部分はアスパラガスに似た食べごたえがあります。
「おひたし」はもちろん、みそ汁の具やうどんなどにも合います。
また油との相性もよいので、炒めてもたいへん美味です。

3月から収獲を初め、すでに1ヶ月を経過しましたが、まだまだ新芽が伸びて旺盛な生命力を感じさせます。
来年は栽培面積を増やして、この美味しい春の味覚をどんどん広めていきたいと考えています。


のらぼう菜3
2014/06/23

じゃがいも、たまねぎ収穫中

じゃがいも、玉ねぎをどんどん収穫しています。
どちらも実がしっかりとして、昨年よりも良いものがとれています。
HPに野菜の紹介を掲載しましたので、のぞいてみてください。

P1030903 (600x800) (480x640)
2011/07/15

もうすぐ収穫マクワウリ

今日も朝から日差しが強く、暑い一日でした。

こまめな水分補給を心がけてはいますが、それでも日中の作業で気分が悪くなることも。
人間が暑いときは野菜も暑いのだからと自分に言い聞かせ、毎日の水やりだけは欠かさず行っています。

そんな中、この暑さで勢いづいているのがマクワウリです。
110715マクワ1
(気温が高くなると、一気に茂ります)

同じウリ科のキュウリは暑すぎると葉がへたれ、元気をなくしますが、このマクワウリは暑さに強く、猛暑をものともしません。

最近は実も大きくなり、あと1週間~10日程度で収穫できそうな実もありました。
110715マクワ2
(こちらは熟しても緑色のままの甘露マクワ)

実がある程度大きくなると、マクワウリを食品のトレーにのせます。
実が地面に直接くっつくことで傷がついたり、変色したりするのを防ぐためです↓↓↓
110715マクワ3
(トレーには切り込みを入れます。雨水がたまると実が腐るので、水抜き目的です)


こちらは「黄金マクワ」。まだ実が小さく、変色していませんが、やがて美味しそうな金色になります。
110715マクワ4
(縞模様がない黄金マクワ。これからどんどん大きく、そして変色します)

ちなみに変色したらこのような姿に↓↓↓
110715マクワ5
(去年収穫した黄金マクワ)


仕事上がりのおやつに、冷やしたマクワウリを食べると最高に美味しいです。
今年も早くあの瞬間を味わいたいので、毎日、しっかり管理しています。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。