スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

映画「ひかりのおと」

110708ひかりのおとB

久々のブログの更新です。
今日は、先日鏡野町で上映された映画「ひかりのおと」のコメントを書きたいと思います。

映画「ひかりのおと」は、鏡野町のとなり、真庭市在住のトマト農家であり、映画作家でもある、山崎樹一郎さんが手がけた初の長編映画です。
撮影は全て真庭市で行われ、キャストも地元岡山にゆかりのある人を起用した地元産の映画。現在、岡山県内を巡回上映中で、先日11月20日、地元、鏡野中学校の講堂でも上映会がありました。

「ひかりのおと」は、とても真面目な映画です。
娯楽性を追求した流行りの映画とは、映画の「質感」そのものが大きく異なります。
人によって評価が分かれる作品かもしれませんが、いま、この映画を上映することは、とても意義のあることだと私は感じています。
2011年のいま現在。3.11の震災があり、福島の原発事故があり、TPPの問題が浮上している「いま」だからこそ、この映画は、少しでも多くの人に観てもらうべきだと私は思います。

映画のなかで直接、震災や原発、TPPの言葉が出てくる訳ではありません。
この映画が撮影されたのは3.11の前であり、TPPの問題が表面化するよりも以前のことだからです。
しかし、この映画は、東北の震災と福島の原発事故、そしてTPPの問題を見つめ直すのに、とても重要なテーマをいくつも含んでいます。
農業の後継者問題、飼料の高騰、農家の失業、自殺、人と人とのつながり、家族の絆、土地と人を結びつける山や田畑の風景・・・

この映画に出てくる岡山の小規模な酪農家は、東北の震災や福島の原発事故、TPP問題で苦悩する酪農家の姿と重なるものがあります。
「ひかりのおと」では、物語のなかで農家が自殺を試みるシーンがありますが、これはいま、まさに福島や東北で起きている現実であり、TPPへの参加で、さらに深刻化するであろう事態の予兆でもあると私は思います。

TPP参加に備え、「競争力のある農業」「強い農業」「やる気のある農家」を増やせと連呼するこの国の政治家たち。
高齢化が進んだ現在の農家数を減らし、資本の力を持つ大規模農家にまとめて土地を管理させるほうが、この国の「経済」にとって「効率的」だと、彼らは言います。

しかし、国の経済にとって効率的でも、その国に住む「人」にとって、それは良い選択なのでしょうか?
高齢化が進んでいる農業だから、農家の人口が減ってもいいのでしょうか?
土地が少なく、資本も少ない家族経営の農家だから、競争原理で淘汰され、離農を余義なくされてもやむを得ないのでしょうか?
「競争力」のない農家は、失業して、借金を背負い、路頭に迷って、自殺を図ってもいいのでしょうか?それは国の経済のために当然のことなのでしょうか?

農業の「効率化」と「大規模化」、そして貿易の「自由化」が、この国の形を変えるのだと、それがまるで良いことのように政府とマスコミは報じます。
しかし、農業の「効率化」「大規模化」そして貿易の「自由化」は、格差の拡大と、さらなる失業・貧困・自殺の増加を生み出します。
映画「ひかりのおと」でも、巨大な資本の流れに翻弄される農家の姿が、克明に描かれています。
TPPの言葉はなくとも、それに参加をすることがこの国に何をもたらすのか、この映画はそれを暗示しているようでもあります。


今、震災と原発事故で土地を追われ、畑や作物を理不尽に奪われた農家が大勢います。
福島の原発事故があって間もない3月末、キャベツ農家の男性が、6月には酪農家の男性が、それぞれ自殺で命を絶っています。
報道されていないだけで、おそらく農家の自殺は、東北でもっと起こっているのではないかと思います。

なぜ、農家の自殺が相次ぐのか。それは農家にとって、放射能によって汚された土地が自分の「存在の根源」だからです。
「存在の根源」とは、北海道大学准教授の中島岳志さんの言葉です。
長い年月をかけて耕してきた自分の土地、先祖代々引き継がれてきた土地というのは、自らの存在と一体化しているものであり、簡単に取り替えることはできない。だから放射能によって土地を汚され、作物や家畜を汚された農家にとっては、自身の存在そのものを否定されたに等しい、と中島岳志さんは指摘しています。

避難を強いられ、長年住み続けてきた土地から離れざるを得ない福島の人々。
「存在の根源」を失うということが、どれほど苦しいものか、それは経験をした方でなければわからないものがあると思います。
山も田畑も、海も川も、簡単に消えるものではないと私たちは思いがちです。
しかし、それらを人々の生活から一気に、そして大規模に消失させるのが放射能汚染であり、原発事故なのです。
私たちはそれを福島で目の当たりにしました。
原発事故は、人々から土地を奪い、風景を奪い、「存在の根源」を奪うものです。

映画「ひかりのおと」は、この「存在の根源」を考えるひとつの契機になると私は思います。
この映画では、酪農家と音楽の道の選択で悩み葛藤する主人公が描かれています。
音楽家としての夢を抱きつつも、農家の長男としての責任や、恋人との関係に悩み続ける主人公。
悩みを抱える主人公を根底から支えているのは、家族や、人と人とのつながり、そして身の回りにいる牛や、牛舎、古びた自宅、山々の風景といった、身のまわりの風景そのものなのではないかと私は思います。

映画「ひかりのおと」は、地方の若者が「存在の根源」の大切さに気付いていく物語なのだと思うのです。

私は、映画「ひかりのおと」を多くの人に見て欲しいと思います。少しでもたくさんの地方の人に見て欲しい。
それは、この映画を見て、自分の周りにある「存在の根源」を確かめて欲しいと思うからです。

テレビやパソコン、都会の街灯やネオンの明かりに照らされ、映し出されたものではなく、陽のひかりを浴びてたたずむ何気ない周囲の風景に「存在の根源」はあるのだと思います。

家族の絆、人と人とのつながり、見慣れた光景、野山の風景。失われてから気づくのではなく、今、自分の周りにある確かな「存在」を、大切にして欲しい。
それが、TPPの問題に揺れるいま、そして3.11の震災と福島の原発事故を目の当たりにしたいま、最も必要なことではないかと私は思います。

「ひかりのおと」の岡山県内巡回上映は、3月まで続きます。お近くにお住まいの方は、ぜひ一度ご観賞ください。上映の日程表は公式HPにて確認できます。
 「ひかりのおと」HP

3月以降、県外での上映も検討されているそうです。上映をご希望の方は陽光プロまでお問い合わせください。
陽光プロ 問い合わせ先
info@hikarinooto.jp 

imageitem_hyakunin02[1]

imageitem_hyakunin01[1]

201106_21_85_d023748520110621034158[1]

110708ひかりのおとA
スポンサーサイト

【地産地生】映画 「ひかりのおと」

今日は農作業を早めに切り上げ、夕方からある映画のダイジェスト版の上映会に行ってきました。

その「ある映画」とは、鏡野の隣町、真庭市で生まれた、完全地元産の映画「ひかりのおと」。
真庭市在住のトマト農家であり、映画監督でもある山崎樹一郎さんが手掛けた、初の長編映画です。

110708ひかりのおとA

地方の農家が抱える後継者の問題を切り口に、田舎の人間関係、家族のきずな、農業を取り巻く環境の厳しさ、そして酪農家として生きる主人公の迷いと葛藤、そして希望を描くこの映画。

今日はダイジェスト版と、映画が紹介されたテレビ番組の録画の上映があり、前後に監督である山崎さんの映画に込める熱い想いを聞くことができました。


「都会の人が描く田舎の光景に何か違和感を感じていた」と話をされていた山崎さん。

田舎には田舎ならではの価値観があり、人と人との関係も、先祖代々受け継がれてきた土地への思いも、周りの美しい風景も、都会の人とはきっと描き方が違うものになるとの指摘が、非常に印象に残りました。



この映画、ロケはすべて真庭市で行われ、出演者もプロ・アマ問わず、地元岡山出身者・在住者を起用するなど、完全な岡山産映画。

山崎さんはこの映画を「地産地生」映画と位置付け「地元、岡山の人に見てほしい」と真剣に語られていました。

私も、農家として、岡山県民として、微力ながらも応援させていただこうと思います。


上映開始は2011年10月下旬から。
詳しくはHPに紹介されていますので、そちらをご覧ください。

「ひかりのおと」公式HP  http://hikarinooto.jp/

110708ひかりのおとB

梅雨明け間近!?の空模様

昨日の土曜日。岡山県北部の最高温度は34℃もありました。

朝から晴天で気温も高く、もはや梅雨というより、夏休みのラジオ体操の時間を思い出しました。

早朝の日の出はきれいで心が洗われるようでしたが・・・
110626日の出
(なんともすがすがしい日の出)


日が昇るにつれ、気温がグングン上昇。
昼前に空を見上げるとこんな雲が↓↓↓
110626入道雲
(大きな入道雲・・・夏です・・・)

日が暮れる夕方にも入道雲が姿を現しました。
遠くではカミナリもゴロゴロ。もはや梅雨の中休みではなく、夏本番の夕暮れです。
110626入道雲2
(夕立の前にはよく姿を表します。この日は結局降りませんでしたが)


自宅前のこの花は今が最盛期。
夏本番に突入されたら、まだちょっと困ります。
110626アジサイ
(雨が待ち遠しいアジサイ)


最近の気象情報はよく予報が外れます。

前日まで「雨」といっていたのに、当日全く降らなかったり。
明日は「晴れときどき曇り」と言っていたのに、朝から雨だったり・・・

温暖化の影響で気候が変化しているのは農家の暮らしをしていてよくわかります。

今年の5月の低い気温も、その後の異常に早い梅雨入りも、農家にとっては、その年の作物の出来を大きく左右する一大事です。


唯一、昔から変化していない実感できるのは、雨が降る前のこのシーン↓↓↓
110626カエル
(天気予報より正確です)



飼ってはないけど、「ア○○モ農法」

今日も朝から草取りの一日でした。
先週の雨で勢いが増した雑草。取っても取っても、すごいスピードで伸びていきます。

その合間をぬって、キュウリやナスに追肥を与え、誘引や葉かき作業も行います。
明後日からまた雨模様だそうなので、晴れている間に出来る限りのことをしなければなりません。


さて、一昨日田植えをした田んぼに、今日はあるものを入れました。
以前からたびたび紹介させていただきましたが、納豆菌・乳酸菌・酵母菌の発酵液「えひめAI」です。
110614えひめAI
(水口から勢いよく投入)

田んぼで稲作をしていると、水入れ後しばらくして、臭い匂いが辺りに充満することがあります。
これは、田んぼに残ったワラなどの有機物が、嫌気状態の水中(土中)で腐敗し、メタンガスが発生するためです。

「えひめAI」を田んぼに入れるのは、その田んぼの有機物(ワラや雑草)の腐敗防止のため。

田んぼのメタンガスは、マッチの火を近づけると「ボッ!!」と燃え上がるほどの危険な物質。稲の根を傷め、生育を悪くするほか、水田の生き物たちにとっても有害です。

ウチの田んぼにもワラや刈り草が多くあるので、有機物が腐敗してメタンガスが発生しないよう、「えひめAI」で有機物の分解発酵を促進します。「腐敗」ではなく「発酵」であればメタンガスは発生しないからです。
110614田んぼ
(有機物のワラや草がたくさん。これが全部腐敗したら大変です)

これまで、肥料的な効果ばかりを紹介してきましたが、もともと「えひめAI」は、川や用水路の水をきれいにするための、環境浄化資材として開発されたものです。

嫌気的な水の中でも活躍できる納豆菌・乳酸菌・酵母菌は、それぞれ分解や殺菌効果を発揮し、有機物の腐敗を防ぎます。

また、その菌を餌にバクテリアやミジンコが増え、環境浄化に役立つ生物層が豊かになっていくのだそうです。
110614カメ
(生物層が豊かになり、こんな生き物も住みついたり)


つまり畑に散布するよりも、水田に入れて田んぼの水を浄化させるほうが、「えひめAI」の本来の役割に近いのです。

この水田への「えひめAI」の投入は、昨年から始めましたが、不耕起栽培を始めた一昨年より田んぼの腐敗臭が格段に減り、水質がよくなったことを実感できました。


そして、今年も田んぼに水を入れ、楽しみにしていることが一つあります。
それは昨年、大雨の中、ウチの水田に現れたこの生き物たちの再訪です↓↓↓

110614カモ1
(降りしきる雨の中、野生のカモが!!)

この野生のカモ、梅雨の終わりに姿を現し、稲が大きくなる8月ころまで毎日姿を見せてくれました。

ウチの水田に何か餌があるようで、水面にくちばしを突っ込み、盛んにベラベラと何かを食べていました。
110614カモ4
(仲良くベラベラ)


「えひめAI」効果かどうか、定かではありませんが、またの再訪を願って今年も水田の水をきれいにしたいと思っています。
110614カモ2
(今年も、「勝手にアイガモ農法」実現なるでしょうか?)



肌もすべすべ 二度美味しい味噌つくり

今日は私の実家にて、自家製の味噌作りをしました。

最近の我が家は、母が作った自家製味噌と、市販の味噌を半々で使用していましたが、今回、妻が自分たちの手作り味噌を食べてみたいとのことで、実家にて一緒に作らせてもらいました。

今日は農園の話を少々脱線して、その味噌作りの工程をご紹介します。


1、大豆を煮ます。昔は大きな釜で長時間煮ていましたが、今は少量ずつ作るので、圧力釜で数十分煮あげます。
110522ブログ用1

2、餅つき用の機械で大豆を潰します。今回は大豆の粒がちょっと残るくらいの粗めに潰しました。
110522ブログ用2

3、米麹と塩を混ぜ合わせます。麹菌が大豆を糖化し、それをエサにして旨みを作る酵母菌が増殖します。
110522ブログ用3

4、潰した大豆と米麹+塩をよく混ぜ合わせます。混ぜ合わせた塩の効果で手がすべすべになります。
110522ブログ用4

5、空気が入らないよう容器に詰め込み、上からもラップをかけます。気温の変化の少ない冷暗所で保存します。
110522ブログ用5


あとは大豆が発酵し、味噌になるまで少なくとも半年以上は熟成させます。
微生物たちが美味しい味噌を作ってくれるまでじっと待つのみです。

最近はこういった自家製の味噌作りが見直されているそうです。
インターネットで「味噌作り」を検索したら、これでもかというほど作り方が紹介されていました。

味噌は材料や分量がまったく同じでも、作り手や保管場所が異なるだけで、全然違う味になるそうです。
世界に一つだけの、全くのオリジナルの味噌が食べられるのはうれしいですね。





プロフィール

オオバヤシカズヒロ

Author:オオバヤシカズヒロ
岡山の県北、鏡野町にある大林農園のブログです。

栽培品目は ジャガイモ、ニンジン、サツマイモなどの根菜を中心に、夏はマクワウリ、秋・冬は食用ホオズキなどの変わった作物も栽培しています。

安全で栄養価が高く、そして美味しい野菜作りを、植物生理と土壌科学の視点から追求しています。

また野菜だけではなく、そのほか様々な食品を通じて、人が健康であるためには何が大切なのかを探求しています。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
コメントありがとうございます
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
カウント数
ご訪問ありがとうございます。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。