FC2ブログ
--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2019/01/06

2018年の野菜(サツマイモ)

2018年の野菜作りで重大な発見がありました。
それはサツマイモの「根量の差」です。

どのような植物でもそうですが、根の量が多ければ多いほど野菜は健康に育ち、美味しく、栄養価も高くなります。
【根の量が多い= 土中のより多くの成分を吸収できる 】 からです。

そしてその根の量は栽培期間中の土の管理や水の管理、追肥や葉面散布によっても異なるのですが、サツマイモの場合、根の量が多くなる最も大きな要因は「苗」にあることがわかってきました。

以下の2枚の写真は同一圃場で、同じ施肥内容で育てたサツマイモ(紅はるか)です。

【近所の某ホームセンターで購入した苗】
PIC0002D1.jpg
悪くはないのですが、、、

一方で、、、
【有機農業の勉強会仲間の育てたサツマイモの苗】
PIC0002D6.jpg
!!!!!
驚愕の根量。。。繰り返しになりますが、「同じ畑」でこれだけの差が生じました。

一つのケースに入れて比較するとこのような状態です。
【左が勉強会仲間の育てたサツマイモ苗・右が某ホームセンターの苗】
サツマイモ比較

根の量が違うことで、サツマイモ本体の大きさにも違いが出ました。
ホームセンターで購入した苗に比べて、根の多かった農家仲間の苗のほうが、一株あたりの重さが約100~150gほど重いことがわかりました。

1株100~150gの差ということは1反に2000本定植した場合、200~300kgの差になります。
1kgを300円で販売した場合、1反で6~9万円の差が生じる計算になります。まさに「苗半作」。。。

ちなみに↓の写真は、某農協で注文した苗で育てたサツマイモです。
苗が細く見るからに頼りない苗でしたが、やはり予想通り、芋はできているのですが根は非常に少ない結果になりました。
2017092609420000 (1)

↓↓の写真は再び農家仲間の育てた苗のサツマイモ。
PIC0002D7.jpg

↓↓↓根の量が多いサツマイモはやはり味も違います。
PIC0002D8.jpg


次回の更新では、その苗の違いがどこにあるのかを、少し詳しく解説します。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。