スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ネキリムシのその後

今日は朝から雨の一日。昼前からは台風の影響で風も強まり、キュウリの誘引と、ナスの草取りを少ししただけで作業を切り上げました。

子どもの頃は学校が休みになるので、台風が来るのを喜んでいましたが、野菜や米を育て始めてからは、職業柄、台風を歓迎できなくなりました。

キュウリもナスも、定植してから初の試練です。無事に乗り越えてくれるといいのですが・・・


そして昨日のことですが、もうひとつ歓迎できないものがトウモロコシ畑にやってきました。

早朝、畑の見周りをしていて、変わり果てたトウモロコシの姿を発見・・・
110529 スイートコーン2
なんとも無残な姿に・・・
110529 スイートコーン

犯人(犯虫?)を探すべく、すぐさま地面を掘り起こし、土の中を捜索すると・・・コロンっと、出てきました↓↓↓

110529 ネキリムシ

「ネキリムシ」です。
その名の通り、野菜の根や、地上部との接点を食害し、野菜を倒して枯らしてしまう、蛾の幼虫です。
周辺の農家さんは「キリウジ」とも呼びます。野菜を「切り倒す」「ウジ虫」の略だと思います。

以前から隣の畑のおじさんに、「ここはキリウジが出んか?」と心配をしていただいてましたが、目に見える形の被害は今回が初めてでした。

周辺の農家の方は対策に殺虫剤をまいているそうなのですが、当農園は殺虫剤も除草剤も一切使用しません。
被害にあった野菜は、それが運命だったのだと諦め、畑の土に戻します。

ですが犯人(犯虫?)はそうもいきません。
見つけ次第身柄を確保し、当農園の規則で川流しに処せられます。

今回川流しの刑を受けたのはこの二匹。
110529 ネキリムシ2

川には魚や、その他の水生昆虫がいるので、彼らの餌になってもらいます。

川で魚の餌となり、その後、糞となって微生物の餌となり、その微生物が植物を育て、生態系を豊かにしていきます。
ネキリムシも大自然の一部になれて、きっと本望(!?)でしょう。
110529 山と川








スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

オオバヤシカズヒロ

Author:オオバヤシカズヒロ
岡山の県北、鏡野町にある大林農園のブログです。

栽培品目は ジャガイモ、ニンジン、サツマイモなどの根菜を中心に、夏はマクワウリ、秋・冬は食用ホオズキなどの変わった作物も栽培しています。

安全で栄養価が高く、そして美味しい野菜作りを、植物生理と土壌科学の視点から追求しています。

また野菜だけではなく、そのほか様々な食品を通じて、人が健康であるためには何が大切なのかを探求しています。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
コメントありがとうございます
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
カウント数
ご訪問ありがとうございます。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。