スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

虫食い激減 キュウリの葉の秘密

今日は予報通り、午後から雨が降りました。

午前中にトウモロコシの草取りや、ナス・キュウリのミネラル肥料の追肥を行い、午後からは買い出しと、土壌分析。
雨の日は若干時間にゆとりがあるため、以前買って読めていなかった本も読むことができました。


ここ数日、畑のハプニングばかりを取り上げてきたので、今日は、順調に育っている第一弾キュウリをご紹介します。
こちらが現在の第一弾キュウリの様子↓↓↓
110610キュウリ
(現在背丈は60~70㎝ほど)

今のところ目立った問題はなく、苗を購入した当初すでに発症していた「べト病」も、樹勢が増すにつれ消えかかっています。

勢いのよいときのキュウリは葉がグッと上を向き、まるで羽ばたいているかのよう。

葉が上を向くということは、受光体制がよいということでより多くの光を葉で受け止め、少しでも多く光合成を行おうとしている証(あかし)なのです。
110610キュウリ2
(葉が上を向き、まるで羽ばたいているかのよう。受光体制が万全な証拠です)


ではなぜ、植物は懸命に光合成を行うのか?その答えは「炭水化物」を作るため。

光合成で作られた炭水化物は、植物の細胞作りとセルロース作りに振り分けられます。

光合成がたくさん出来たキュウリは、糖度も高く、セルロースも分厚くなるので、甘くておいしい上に、病害虫に対する抵抗力も上がります。

昨年のキュウリですが、この写真をご覧ください↓↓↓
110610キュウリ3
(古い下の葉は虫食いでボロボロ、でも新しく出来た上の葉は・・・)


これは昨年、ホームセンターで購入したキュウリの苗を、当農場に定植して約一週間後の写真です。

ホームセンターで購入した直後は、ふにゃふにゃの軟弱な苗で、植えた直後からオレンジ色の悪魔(ウリハムシ)が次から次へと押し寄せてきていました。

しかし、当農場の土の養分を吸収してから虫食いの被害が激減。

普通、新しくできた葉のほうが柔らかく虫の被害を受けやすいのですが、このキュウリは新しい葉にほとんど虫が寄り付かなくなりました。
110610キュウリ4
(他の苗も同じく。上の新しい葉はなぜか被害なし)


これが当農園の最大の特徴の一つ、光合成能力の上昇による効果です。

キュウリの光合成能力が高まり、炭水化物がたくさん作られるようになったため、炭水化物が原料のセルロースが頑丈になったのです。

セルロースが頑丈になれば、虫は葉をかじれなくなります。

逆の言い方をすると、虫の被害を受ける野菜は、表皮であるセルロースが薄く、光合成能力が不足しているということになります。
110610キュウリ5
(葉の表面には白い毛がいっぱい。これも虫から葉をガードしています)


では、なぜ当農園に植えたキュウリは、光合成能力が高まったのか?
それはこのブログのタイトル『太陽とミネラルの野菜』に秘密があります。

ミネラルこそが、野菜の光合成を活発にする大変重要な存在なのです。


続きは少し長くなりそうなので、また後日。
110610キュウリ6
(キュウリの受粉にご協力いただき、ありがとうございます)





スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

なるほど~(@-@)
野菜も事故免疫力を高めてやるということですね!
私はキュウリを作っていませんが、お師匠様のがどうも元気ないみたいです。
こちらは梅雨入りしてから日照時間が激減&低温が続いているせいもあるけれど…
対策はこの次でしょうか? 続きが待たれます!(^^)

Re: タイトルなし

gerogeroさん コメントありがとうごました!!

お師匠様のキュウリ、調子が良くないんですね。
最近、ここ岡山の県北も日照不足と地温不足で、野菜の生育がいまいちです。

今日はミネラルの話をブログでUPしましたが、日照不足のときは「お酢」を100倍~200倍水で薄めて、水やりのときに与えるのが、おススメです。

なぜなら「お酢」の化学式は「C₂H₄O₂」
つまり「CHO」・・・「C(炭)HO(水)」・・・「炭水化物」なんですよ!!!

そう、薄めた「お酢」を根っこから吸わせると、野菜は光合成の不足を補えるんです。
日照不足のときでも、少し野菜が元気になると思います。

梅雨の時期は水やり自体をあまりしないので、タイミングが少々難しいですが・・・雨じゃなくて、曇りの日にでも試してみてください。

プロフィール

オオバヤシカズヒロ

Author:オオバヤシカズヒロ
岡山の県北、鏡野町にある大林農園のブログです。

栽培品目は ジャガイモ、ニンジン、サツマイモなどの根菜を中心に、夏はマクワウリ、秋・冬は食用ホオズキなどの変わった作物も栽培しています。

安全で栄養価が高く、そして美味しい野菜作りを、植物生理と土壌科学の視点から追求しています。

また野菜だけではなく、そのほか様々な食品を通じて、人が健康であるためには何が大切なのかを探求しています。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
コメントありがとうございます
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
カウント数
ご訪問ありがとうございます。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。