スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

踊るナス農家編 連作障害を克服せよ!!

今日は久々にナスのご報告を。

最近、お伝えしていなかった当農園のナス。
実はずっと不調が続いており、ここしばらくの間の悩みの種でした。

いまいちな調子の第一弾ナス↓↓↓
110622ナス全体

不調の原因はおそらく「連作障害」。
ナス科の野菜は連続して同じ場所に植えると、生理障害を起こし、上手く成長しないと言われています。


当農園では、そのことを承知の上で、今年ナスの連作に挑戦していました。

連作障害は土壌微生物や、栄養バランスの偏りで起こると言われているので、微生物の種類を増やし、土壌分析による的確な施肥で、連作の克服は可能だと考えたからです。

110622ナス単体
(連作障害の影響なのか、昨年にくらべ葉が小さく、幹が細い)

昨年も出現しましたが、ニジュウヤホシテントウによる葉の被害も出ています↓↓↓
110622ナス虫食い
(まさに悪魔の所業・・・)

以前ご紹介したニジュウヤホシテントウの幼虫↓↓↓
110622ナスニジュウヤホシ
(ナス農家の最大の敵です)

昨年はほとんど見られなかった奇形の葉↓↓↓
110622ナスねじれ
(いかにも調子悪そうなお姿・・・)


順調に育った昨年のナスは、一枚一枚の葉が大きく、茎も頑丈で、見た目もどっしりとしていました。

今年のナスも、最近は樹勢も少し回復し、持ち直してきていますが、まだまだ昨年の健康な姿のナスにはほど遠い感じがします。
110622ナス昨年
(順調だった昨年のナス 見るからに元気そう)



農薬や化学肥料を使う慣行栽培では、土壌消毒や接ぎ苗をしたりして、連作障害に対応しています。

ただ、土壌消毒では良い菌も悪い菌も全部殺してしまうことになり、野菜の抗菌力が弱まり、虚弱体質になります。
また接ぎ苗は根っこが別の樹になるので、自根苗にくらべ味が良くないということもあり、いずれも実行しませんでした。


当農園が取り入れている対処方法は、「菌には菌を」。
微生物や菌を全部殺すのではなく、逆に種類や層を増やすことで、障害を克服する手法を模索しています。


現段階で結果はよくありませんが、似た栽培方法でナスの連作をしておられる団体が近くにいます。
当農園も連作障害克服にむけ、負けずに試行錯誤を重ねたいと思っています。
110622収穫したナス
(今年もこんなナスを収穫したい↑↑↑)

スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
プロフィール

オオバヤシカズヒロ

Author:オオバヤシカズヒロ
岡山の県北、鏡野町にある大林農園のブログです。

栽培品目は ジャガイモ、ニンジン、サツマイモなどの根菜を中心に、夏はマクワウリ、秋・冬は食用ホオズキなどの変わった作物も栽培しています。

安全で栄養価が高く、そして美味しい野菜作りを、植物生理と土壌科学の視点から追求しています。

また野菜だけではなく、そのほか様々な食品を通じて、人が健康であるためには何が大切なのかを探求しています。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
コメントありがとうございます
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
カウント数
ご訪問ありがとうございます。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。