スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ツバメの巣立ちドキュメント

今年、ウチの農園の倉庫小屋にしている場所に、ツバメが巣を作りました。

毎日、成長を見守っていたのですが、本日、巣立ちの時をむかえたので、ご報告いたします。

実は一昨日あたりから、そろそろ巣立つころかな~と、そんな気配を感じていました。なぜなら、ツバメのヒナがぐんぐん大きくなり、巣が狭く見えるようになっていたからです。
110623ツバメ1
(昨日22日撮影 みんな大きくなって、巣がせまい!!)


そして、今朝、朝のひと仕事を終えて倉庫に戻ると、ヒナが巣から出て、同じ倉庫小屋の別の場所に移動していました。

110623ツバメ2
(左にいるのが親ツバメ 右の二羽がヒナです・・・あれ、もう一羽は!?)

親ツバメが、さかんに「ピチィー!ピチィー!」と声を上げる先には、巣から出られない一羽が・・・

110623ツバメ3
(人の世界でも見かけますよね、こういう子ども・・・)


先に巣から出た二羽は、意に介さず親におねだり・・・

110623ツバメ4
(とりあえず兄弟のことはどうでもいい感じで・・・)

この後、最後のヒナも無事巣から飛び出し、その後しばらく倉庫の中を飛行練習していました。



昼過ぎに再び巣を見ると、もうかわいかったヒナの姿はなく・・・
110623ツバメ6
(さびしくなりましたな・・・)


ツバメの巣立ちは本当に早いものです。

つい先日、ツバメのカップルが巣を作り始めたと思ったら、いつの間にかヒナが生まれていて、あっという間に成長して今日の巣立ちです。

親ツバメは代わるがわる巣の卵を温め、ヒナがかえると何度も何度もエサを取りに出かけ、子どもたちに食べさせていました。

昔からたびたび見ていた光景ではありましたが、ヒナが旅立ったあとの巣を見て、今回はなんとも物寂しい気持ちになりました。

昨年から農家となり、毎日倉庫へ出入りしていましたので、巣の建設からヒナの巣立ちまで、ほぼ一部始終を見届けたのは今回が初めてだったからかもしれません。


しばらくそんな感慨に浸っていると、倉庫の屋根続きの場所で、親ツバメが「ピチィー!ピチィー!」と声を上げているのに気がつきました。
110623ツバメ7
(心配そうに上を見上げている親ツバメ。視線の先には・・・)

屋根と柱の狭い間にヒナが入り込み、じっとうずくまっていました。
110623ツバメ8
(いきなり天井に近いところまで・・・でも親ツバメが見守っていました)

高いところまで登って降りられなくなったようでしたが、その後、親ツバメが飛び立つと、それを見習って飛び去って行きました。


夕方の農作業終了後、さみしくなったなぁ、と思いながら倉庫に入ると、ちゃっかり戻ってきてました↓↓↓

110623ツバメ9
(奥にもう一匹隠れていて、全員無事でした)


きちんとエサが獲れるようになるまで、もう何日かは巣に戻ってきてくれるかもしれません。

一日の農作業の終わりに、ちょっと心が和みました。

初フライトお疲れさん!!


スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

オオバヤシカズヒロ

Author:オオバヤシカズヒロ
岡山の県北、鏡野町にある大林農園のブログです。

栽培品目は ジャガイモ、ニンジン、サツマイモなどの根菜を中心に、夏はマクワウリ、秋・冬は食用ホオズキなどの変わった作物も栽培しています。

安全で栄養価が高く、そして美味しい野菜作りを、植物生理と土壌科学の視点から追求しています。

また野菜だけではなく、そのほか様々な食品を通じて、人が健康であるためには何が大切なのかを探求しています。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
コメントありがとうございます
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
カウント数
ご訪問ありがとうございます。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。