スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ナス水浸し作戦

今日も朝から暑い一日でした。

梅雨明けは未だ発表されませんが、空は完全に夏の雲。
気温も30℃を超え、こまめの水分補給が欠かせません。

照りつける太陽と高い気温で、野菜たちものどが渇きます。

昨年、最もてこずったのがナスの水やり。
ナスは水の要求量が多いので、ホースで水やりをすると、どうしても時間がかかっていました。

そのナスの水やり、今年はこの方法で簡略化を図ります↓↓↓
110629ナス畑1
(畝の間を水浸し作戦)

ナスの圃場は隣に水路があるので、そこから水を流しいれ、畝間を灌水状態にしてしまうやり方です。
110629ナス畑2
(水がほしいナスを水攻めにします)

水路から水を取り入れる様子がこちら↓↓↓
110629水路

110629水路2
(暑い日はなんとなく気持ちいい水の入り口)


ナスは水があるかないかで、収穫物の出来が全く違います。

水を十分吸ったナスは、太るのも早く、果肉も柔らかく、手触りもしっとりして、なにより光沢があります。

反対に土が乾いていると、成長が遅く、果肉はかたく、光沢もあまりありません。

第一弾ナスはもう実をつけ始めているので、水を流しいれ、さらに追肥をすれば一気に成長します。
110629ナス4
(思う存分水を吸って、大きくなりなされ)

そして水場が増えて、ナス以上に喜んでいるのがこの生き物↓↓↓
110629カエル
(また今晩あたりから賑やかになりそう)



スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

うちも今日、里芋に同じ方法で灌水しましたv-221
これが一番手軽で効き目ありますよね。
トノサマガエル、珍しくなりました。大切にしてください~m(._.)m

Re: タイトルなし

gerogeroさん コメントありがとうございます。

この方法、水やりが楽で助かりますね~。
ウチのナス畑はいたるところにモグラが穴をあけてますから、水が畝にどんどん吸収されていきます。

里芋も大量に水が要りますよね。
私が農業を始める以前に、実家の畑の一角で育てていましたが、水やりが大変そうでした・・・

gerogeroさんの畑も水が大量に来たそうで良かったですね。
きっとたくさん水を吸って、美味しい里芋が出来ると思いますよ。

美味しそうな里芋料理のUPも楽しみにしてます。
プロフィール

オオバヤシカズヒロ

Author:オオバヤシカズヒロ
岡山の県北、鏡野町にある大林農園のブログです。

栽培品目は ジャガイモ、ニンジン、サツマイモなどの根菜を中心に、夏はマクワウリ、秋・冬は食用ホオズキなどの変わった作物も栽培しています。

安全で栄養価が高く、そして美味しい野菜作りを、植物生理と土壌科学の視点から追求しています。

また野菜だけではなく、そのほか様々な食品を通じて、人が健康であるためには何が大切なのかを探求しています。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
コメントありがとうございます
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
カウント数
ご訪問ありがとうございます。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。