FC2ブログ
--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011/07/14

キュウリとナスの夏の乾燥対策

好天が続き、キュウリが本当によく実ります。

特に種から育てている、第二弾キュウリは今が最盛期。

お日様が照り、光合成がしっかりできるので、味も甘くなり、採れたては本当に美味しいです。
110714キュウリ鈴なり
(鈴生り状態のキュウリ)

しかし、よく実がなるときほど気をつけなければいけないのが、ミネラルの欠乏です。

よく実がつくということは、それだけ土中の養分を吸収しているということでもあるのです。

昨日は、カキ殻の石灰(右)と、海藻肥料(左)を追肥しました↓↓↓
110714ミネラル
(特にカルシウムの減りはかなり早いので、カキ殻石灰はこまめに追肥します)


そして、せっかくのミネラルも土中に水分がなければ野菜に吸収されません。
梅雨が明け、日差しが非常に強いので、畝も乾きやすく、ミネラルの吸収が阻害されることもあるのです。

そこで今日は畝の乾燥防止のため、以前刈り集めておいた葦などの川草を、有機物マルチとして株もとに敷きました。
110714キュウリ畝
(乾かないよう、しっかり覆います)

川草は川のミネラルを含んでいるため、周囲の畔草よりも栄養価が高く、最終的に土に還っていく有機物マルチの素材としてはとても優れています。

110714キュウリ株もと
(有機物である川草を微生物が分解し、また土に戻っていきます)


同じく、大量の水をほしがる第二弾ナスの畝にも、有機物マルチを敷きました。

こちらの草は昨年の冬に仕込んだ落ち葉と畔草の堆肥もどきで、栄養価は川草にかないませんが、繊維がしっかり分解されているので、保湿と団粒維持に大変役立ちます。
110714ナス株もと
(この草マルチにクモが住み着き、有害昆虫から野菜を守ってくれます)

長期採りの作物は水やりに追肥、草取りにマルチ、土壌分析に誘引、芽かき、葉かきと、やることが目白押しで本当に手間がかかります。

日中は暑さでへばるので、午前中が勝負どころ。
もっと早起きをしなければ・・・


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

トラックバック

まとめteみた.【キュウリとナスの夏の乾燥対策】

好天が続き、キュウリが本当によく実ります。特に種から育てている、第二弾キュウリは今が最盛期。お日様が照り、光合成がしっかりできるので、味も甘くなり、採れたては本当に美味...

まとめteみた.【キュウリとナスの夏の乾燥対策】

好天が続き、キュウリが本当によく実ります。特に種から育てている、第二弾キュウリは今が最盛期。お日様が照り、光合成がしっかりできるので、味も甘くなり、採れたては本当に美味...

まとめteみた.【キュウリとナスの夏の乾燥対策】

好天が続き、キュウリが本当によく実ります。特に種から育てている、第二弾キュウリは今が最盛期。お日様が照り、光合成がしっかりできるので、味も甘くなり、採れたては本当に美味...

まとめteみた.【キュウリとナスの夏の乾燥対策】

好天が続き、キュウリが本当によく実ります。特に種から育てている、第二弾キュウリは今が最盛期。お日様が照り、光合成がしっかりできるので、味も甘くなり、採れたては本当に美味...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。