スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

簡単手作り肥料「えひめAI」

今日は朝から曇りときどき晴れの天気。
早朝から、昨日のトウモロコシ復旧作業の残りをして、なんとか午前中で完了しました。

ほっとするのもつかの間、次はナスの圃場が雨の影響で草だらけに・・・
110531 ナス

昨年は太陽熱養生が上手くいき、ほとんど草取りに時間がかからなかったナスですが、今年はいくら取ってもきりがありません。

明日からまた雨の予報なので、雨具を着て草むしりをしつつ、ワラやモミ殻で有機物マルチをして、雑草を抑えたいと思います。


今日は、夕方から「えひめAI」の仕込みも行いました。

「えひめAI」とは、乳酸菌と酵母菌と納豆菌を、砂糖水で培養・発酵させたもので、肥料的な効果と、病害虫予防効果があります。
原料はこんな身近なもの↓↓↓
110531 愛媛AI1

少し大きめの漬物容器に汲み置きしておいた水を入れ、原料を混ぜます。

色々と配合の割合があるそうですが、ウチの農園では
「水18ℓ:砂糖1㎏:飲むヨーグルト1ℓ:ドライイースト30~40g:納豆10粒ほど」
で仕込みます。

温度を30~40℃に保つため、鑑賞魚用のヒーターを入れ、上からラップをかけ、3~4日ほど寝かせます。

ヒーターは水温を高め、微生物の活動を活発にするため。そしてラップは空気に触れさせず、酵母菌や乳酸菌を嫌気発酵させるために使用します。
仕込んでわずか数時間でこんな様子に。
110531 愛媛Ai2

最終的に表面の泡がなくなり、甘酸っぱいにおいがしたら完成です。

こちらは前回作り置きしておいたもの。
ペットボトルにいれ、日の当らない涼しい場所に保管しています。
110531 愛媛AI3

最近は雨が多く出番が少ないですが、晴れた日の野菜の水やりは、必ずこの「えひめAI」を少し混ぜて水やりをします。
目的はおもに2つ。微生物による土中の有機物分解の促進と、表面散布による病害虫予防効果です。

微生物の働きについて、色々と紹介したいのですが、長くなりそうなので今日はこれまで。


ちなみに「えひめAI」の作り方は『現代農業』を参考にしています。
110531 現代農業

作り方が掲載されているのは
『現代農業』平成20年(2008年)8月号「パワー菌液 光合成細菌&納豆菌・乳酸菌・酵母菌」
『現代農業』平成22年(2010年)10月号「地力探偵団が行く」

農文協の本の購入は「農文協の本 田舎の本屋さん」で購入できます。↓↓↓
http://shop.ruralnet.or.jp/search/

原材料費は一回分約20ℓで400~500円。初期投資も漬物桶1000円前後、鑑賞魚用ヒーター2~3千円ほどなので、もしよかったら作ってみてください。


プロフィール

オオバヤシカズヒロ

Author:オオバヤシカズヒロ
岡山の県北、鏡野町にある大林農園のブログです。

栽培品目は ジャガイモ、ニンジン、サツマイモなどの根菜を中心に、夏はマクワウリ、秋・冬は食用ホオズキなどの変わった作物も栽培しています。

安全で栄養価が高く、そして美味しい野菜作りを、植物生理と土壌科学の視点から追求しています。

また野菜だけではなく、そのほか様々な食品を通じて、人が健康であるためには何が大切なのかを探求しています。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
コメントありがとうございます
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
カウント数
ご訪問ありがとうございます。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。