スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

映画「ひかりのおと」

110708ひかりのおとB

久々のブログの更新です。
今日は、先日鏡野町で上映された映画「ひかりのおと」のコメントを書きたいと思います。

映画「ひかりのおと」は、鏡野町のとなり、真庭市在住のトマト農家であり、映画作家でもある、山崎樹一郎さんが手がけた初の長編映画です。
撮影は全て真庭市で行われ、キャストも地元岡山にゆかりのある人を起用した地元産の映画。現在、岡山県内を巡回上映中で、先日11月20日、地元、鏡野中学校の講堂でも上映会がありました。

「ひかりのおと」は、とても真面目な映画です。
娯楽性を追求した流行りの映画とは、映画の「質感」そのものが大きく異なります。
人によって評価が分かれる作品かもしれませんが、いま、この映画を上映することは、とても意義のあることだと私は感じています。
2011年のいま現在。3.11の震災があり、福島の原発事故があり、TPPの問題が浮上している「いま」だからこそ、この映画は、少しでも多くの人に観てもらうべきだと私は思います。

映画のなかで直接、震災や原発、TPPの言葉が出てくる訳ではありません。
この映画が撮影されたのは3.11の前であり、TPPの問題が表面化するよりも以前のことだからです。
しかし、この映画は、東北の震災と福島の原発事故、そしてTPPの問題を見つめ直すのに、とても重要なテーマをいくつも含んでいます。
農業の後継者問題、飼料の高騰、農家の失業、自殺、人と人とのつながり、家族の絆、土地と人を結びつける山や田畑の風景・・・

この映画に出てくる岡山の小規模な酪農家は、東北の震災や福島の原発事故、TPP問題で苦悩する酪農家の姿と重なるものがあります。
「ひかりのおと」では、物語のなかで農家が自殺を試みるシーンがありますが、これはいま、まさに福島や東北で起きている現実であり、TPPへの参加で、さらに深刻化するであろう事態の予兆でもあると私は思います。

TPP参加に備え、「競争力のある農業」「強い農業」「やる気のある農家」を増やせと連呼するこの国の政治家たち。
高齢化が進んだ現在の農家数を減らし、資本の力を持つ大規模農家にまとめて土地を管理させるほうが、この国の「経済」にとって「効率的」だと、彼らは言います。

しかし、国の経済にとって効率的でも、その国に住む「人」にとって、それは良い選択なのでしょうか?
高齢化が進んでいる農業だから、農家の人口が減ってもいいのでしょうか?
土地が少なく、資本も少ない家族経営の農家だから、競争原理で淘汰され、離農を余義なくされてもやむを得ないのでしょうか?
「競争力」のない農家は、失業して、借金を背負い、路頭に迷って、自殺を図ってもいいのでしょうか?それは国の経済のために当然のことなのでしょうか?

農業の「効率化」と「大規模化」、そして貿易の「自由化」が、この国の形を変えるのだと、それがまるで良いことのように政府とマスコミは報じます。
しかし、農業の「効率化」「大規模化」そして貿易の「自由化」は、格差の拡大と、さらなる失業・貧困・自殺の増加を生み出します。
映画「ひかりのおと」でも、巨大な資本の流れに翻弄される農家の姿が、克明に描かれています。
TPPの言葉はなくとも、それに参加をすることがこの国に何をもたらすのか、この映画はそれを暗示しているようでもあります。


今、震災と原発事故で土地を追われ、畑や作物を理不尽に奪われた農家が大勢います。
福島の原発事故があって間もない3月末、キャベツ農家の男性が、6月には酪農家の男性が、それぞれ自殺で命を絶っています。
報道されていないだけで、おそらく農家の自殺は、東北でもっと起こっているのではないかと思います。

なぜ、農家の自殺が相次ぐのか。それは農家にとって、放射能によって汚された土地が自分の「存在の根源」だからです。
「存在の根源」とは、北海道大学准教授の中島岳志さんの言葉です。
長い年月をかけて耕してきた自分の土地、先祖代々引き継がれてきた土地というのは、自らの存在と一体化しているものであり、簡単に取り替えることはできない。だから放射能によって土地を汚され、作物や家畜を汚された農家にとっては、自身の存在そのものを否定されたに等しい、と中島岳志さんは指摘しています。

避難を強いられ、長年住み続けてきた土地から離れざるを得ない福島の人々。
「存在の根源」を失うということが、どれほど苦しいものか、それは経験をした方でなければわからないものがあると思います。
山も田畑も、海も川も、簡単に消えるものではないと私たちは思いがちです。
しかし、それらを人々の生活から一気に、そして大規模に消失させるのが放射能汚染であり、原発事故なのです。
私たちはそれを福島で目の当たりにしました。
原発事故は、人々から土地を奪い、風景を奪い、「存在の根源」を奪うものです。

映画「ひかりのおと」は、この「存在の根源」を考えるひとつの契機になると私は思います。
この映画では、酪農家と音楽の道の選択で悩み葛藤する主人公が描かれています。
音楽家としての夢を抱きつつも、農家の長男としての責任や、恋人との関係に悩み続ける主人公。
悩みを抱える主人公を根底から支えているのは、家族や、人と人とのつながり、そして身の回りにいる牛や、牛舎、古びた自宅、山々の風景といった、身のまわりの風景そのものなのではないかと私は思います。

映画「ひかりのおと」は、地方の若者が「存在の根源」の大切さに気付いていく物語なのだと思うのです。

私は、映画「ひかりのおと」を多くの人に見て欲しいと思います。少しでもたくさんの地方の人に見て欲しい。
それは、この映画を見て、自分の周りにある「存在の根源」を確かめて欲しいと思うからです。

テレビやパソコン、都会の街灯やネオンの明かりに照らされ、映し出されたものではなく、陽のひかりを浴びてたたずむ何気ない周囲の風景に「存在の根源」はあるのだと思います。

家族の絆、人と人とのつながり、見慣れた光景、野山の風景。失われてから気づくのではなく、今、自分の周りにある確かな「存在」を、大切にして欲しい。
それが、TPPの問題に揺れるいま、そして3.11の震災と福島の原発事故を目の当たりにしたいま、最も必要なことではないかと私は思います。

「ひかりのおと」の岡山県内巡回上映は、3月まで続きます。お近くにお住まいの方は、ぜひ一度ご観賞ください。上映の日程表は公式HPにて確認できます。
 「ひかりのおと」HP

3月以降、県外での上映も検討されているそうです。上映をご希望の方は陽光プロまでお問い合わせください。
陽光プロ 問い合わせ先
info@hikarinooto.jp 

imageitem_hyakunin02[1]

imageitem_hyakunin01[1]

201106_21_85_d023748520110621034158[1]

110708ひかりのおとA

もうすぐ収穫マクワウリ

今日も朝から日差しが強く、暑い一日でした。

こまめな水分補給を心がけてはいますが、それでも日中の作業で気分が悪くなることも。
人間が暑いときは野菜も暑いのだからと自分に言い聞かせ、毎日の水やりだけは欠かさず行っています。

そんな中、この暑さで勢いづいているのがマクワウリです。
110715マクワ1
(気温が高くなると、一気に茂ります)

同じウリ科のキュウリは暑すぎると葉がへたれ、元気をなくしますが、このマクワウリは暑さに強く、猛暑をものともしません。

最近は実も大きくなり、あと1週間~10日程度で収穫できそうな実もありました。
110715マクワ2
(こちらは熟しても緑色のままの甘露マクワ)

実がある程度大きくなると、マクワウリを食品のトレーにのせます。
実が地面に直接くっつくことで傷がついたり、変色したりするのを防ぐためです↓↓↓
110715マクワ3
(トレーには切り込みを入れます。雨水がたまると実が腐るので、水抜き目的です)


こちらは「黄金マクワ」。まだ実が小さく、変色していませんが、やがて美味しそうな金色になります。
110715マクワ4
(縞模様がない黄金マクワ。これからどんどん大きく、そして変色します)

ちなみに変色したらこのような姿に↓↓↓
110715マクワ5
(去年収穫した黄金マクワ)


仕事上がりのおやつに、冷やしたマクワウリを食べると最高に美味しいです。
今年も早くあの瞬間を味わいたいので、毎日、しっかり管理しています。





キュウリとナスの夏の乾燥対策

好天が続き、キュウリが本当によく実ります。

特に種から育てている、第二弾キュウリは今が最盛期。

お日様が照り、光合成がしっかりできるので、味も甘くなり、採れたては本当に美味しいです。
110714キュウリ鈴なり
(鈴生り状態のキュウリ)

しかし、よく実がなるときほど気をつけなければいけないのが、ミネラルの欠乏です。

よく実がつくということは、それだけ土中の養分を吸収しているということでもあるのです。

昨日は、カキ殻の石灰(右)と、海藻肥料(左)を追肥しました↓↓↓
110714ミネラル
(特にカルシウムの減りはかなり早いので、カキ殻石灰はこまめに追肥します)


そして、せっかくのミネラルも土中に水分がなければ野菜に吸収されません。
梅雨が明け、日差しが非常に強いので、畝も乾きやすく、ミネラルの吸収が阻害されることもあるのです。

そこで今日は畝の乾燥防止のため、以前刈り集めておいた葦などの川草を、有機物マルチとして株もとに敷きました。
110714キュウリ畝
(乾かないよう、しっかり覆います)

川草は川のミネラルを含んでいるため、周囲の畔草よりも栄養価が高く、最終的に土に還っていく有機物マルチの素材としてはとても優れています。

110714キュウリ株もと
(有機物である川草を微生物が分解し、また土に戻っていきます)


同じく、大量の水をほしがる第二弾ナスの畝にも、有機物マルチを敷きました。

こちらの草は昨年の冬に仕込んだ落ち葉と畔草の堆肥もどきで、栄養価は川草にかないませんが、繊維がしっかり分解されているので、保湿と団粒維持に大変役立ちます。
110714ナス株もと
(この草マルチにクモが住み着き、有害昆虫から野菜を守ってくれます)

長期採りの作物は水やりに追肥、草取りにマルチ、土壌分析に誘引、芽かき、葉かきと、やることが目白押しで本当に手間がかかります。

日中は暑さでへばるので、午前中が勝負どころ。
もっと早起きをしなければ・・・


ビッグな存在

ここ数日、キュウリの勢いが凄いです。

朝、早くに収穫をして、昼前に水やりをするころには、朝まだ小さかった実がもう収穫適期に入っています。

多い日は一日に三回収穫をするほどのめまぐるしさ。

朝の収穫時に、ちょっとでも見過ごしたらこのような大きさに↓↓↓
110712キュウリ
(左が朝の収穫時に見逃した横綱キュウリ。真中がスーパーのサイズより少し大きめキュウリ)


朝一番の収穫作業のあとは、早朝の日課となりつつある虫取り作業。
早朝は虫の動きが鈍いため、捕まえるのが容易なのです。

今日はナスの葉っぱに奴らがたむろしてました・・・
110712ニジュウヤホシ
(仲良く食事中でしたので、仲良く川流しに・・・)


野菜の虫とりはちょっと憂鬱ですが、こういった生き物との遭遇は心がおどります↓↓↓
110712オニヤンマ1
(実家の庭先に現れたオニヤンマ。)

日陰で休憩中だったのか、近づいても逃げないこのオニヤンマ。
そ~と手を出してみると・・・
110712オニヤンマ
(手に乗った!!!)

オニヤンマはトンボの仲間では日本一の大きさです。
日本一の昆虫が手に乗っている・・・と思うと、なんとも言えない優越感を味わうことができました。

いつか農家として、そして人間として、こういうビッグな存在にな・・・あっ、飛び去った・・・


ちなみにすっかりキュウリの住人となったこの生き物も、遠くの空に夢をはせていました↓↓↓
110712アマガエル
(いつか日本一のアマガエルになる・・・)


先日の週末、隣の真庭市で土日連続の有機栽培セミナーがあり、参加をしてきました。

セミナーの講師はジャパンバイオファームの小祝政明先生。

小祝先生は従来の有機農業を化学的に見つめ直し、植物生理と土壌化学の視点から、安全で美味しく、栄養価の高い野菜つくりを提唱されておられる方です。


セミナーは二日にわけて行われ、初日は稲作の勉強会、二日目は畑作・果樹の勉強会。
有機栽培を実際に行っている農家のかたの圃場に出向き、生育の状態を見ながら先生がアドバイスをするスタイルで行われました。
110711有機セミナー
(稲作農家の方の圃場にて。暑い日で大変でした)

今回見学した稲作農家の方はアイガモ農法を実践されていました。
カモを狙う動物対策は必須ですが、雑草の抑止効果は確実にあるとのこと。
110711有機セミナー2
(カモも暑そうに泳いでいました・・・)


日曜日は畑作の圃場で勉強会。
トウモロコシの畑も訪れ、虫の対策方法など、大変勉強になりました。
1100711有機セミナー3
(ウチの畑と同じくアワノメイガの被害が・・・雄花が咲く前の早期の対策が必要とのこと)

畑作の最後はナス畑。
畝が高く、そして広くとってあり、根をしっかりはれるようにしてありました。
110711有機セミナー4
(こちらもナスの連作中の畑。微生物とミネラルが充実しているのか、目立った病気は出ていないとのことでした)


実は今回参加したセミナーの講師、小祝先生の勉強会は、一昨年から愛媛県で毎月行われており、昨年の4月から、私も毎月参加をしてきました。

私がブログで書いているミネラルや微生物の話は、先生の勉強会や出版されてる本を読んで学んだことが主体になっています。
「太陽とミネラルの野菜」は小祝先生の教えを実践し、それを深化させることを目標にしています。


来月も開催されるこの勉強会。本当に大切なことを学べるので、かなり多忙な時期ですが次回も参加しようと思っています。


プロフィール

オオバヤシカズヒロ

Author:オオバヤシカズヒロ
岡山の県北、鏡野町にある大林農園のブログです。

栽培品目は ジャガイモ、ニンジン、サツマイモなどの根菜を中心に、夏はマクワウリ、秋・冬は食用ホオズキなどの変わった作物も栽培しています。

安全で栄養価が高く、そして美味しい野菜作りを、植物生理と土壌科学の視点から追求しています。

また野菜だけではなく、そのほか様々な食品を通じて、人が健康であるためには何が大切なのかを探求しています。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
コメントありがとうございます
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
カウント数
ご訪問ありがとうございます。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。